本文へ移動

多焦点眼内レンズについて

眼内レンズの種類

白内障が進行し、日常生活に支障をきたす場合は、白内障の手術が必要になってきます。
その際に濁った水晶体のかわりに挿入するのが人工のレンズ、眼内レンズです。
通常、保険適用される白内障手術では単焦点眼内レンズが用いられます。
単焦点眼内レンズは、ある1点の距離に焦点を合わせた眼内レンズです。
遠くにピントを合わせた場合は、新聞を読んだりする時に、近用眼鏡が必要になります。
現在、既存の単焦点眼内レンズに老視を軽減する追加の役割を持った多焦点眼内レンズが登場しています。
多焦点眼内レンズは、ある2点もしくは3点の距離に焦点を合わせた眼内レンズです。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療もしくは自由診療で行われてきましたが、2020年4月からは【選定療養】という枠組みで多焦点眼内レンズを使用することができるようになりました。

選定療養とは

選定療養は、保険適用外の多焦点眼内レンズの追加費用を実費負担することで、保険適用の手術の
技術料等と併せて受けることができる医療です。
 
当院は、多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として厚生局に届出をしています
 
費用は多焦点眼内レンズの種類によって異なり、
目の状態の診断によっては、眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。
詳細については診察時に説明いたします。
 
 
選定療養のイメージ(日本眼科学会ホームページより)

ご相談ください

白内障の治療としては従来の保険適用される単焦点眼内レンズでも十分な効果が期待できます。
 
多焦点眼内レンズか単焦点眼内レンズが良いかは、患者様のライフスタイルによって異なります。
 
手術決定の際にはどのようなレンズが良いか医師・視能訓練士によるカウンセリングを十分に行ってまいります。
手術を受ける際には不安な点もあると思いますので、積極的に何でもご相談ください。
わかる!白内障
出水眼科
出水眼科
〒880-0916
宮崎県宮崎市大字恒久6006-1
TEL.0985-77-8800
 
TOPへ戻る