本文へ移動
みなさまのお役に立てるパートナーとして
出水眼科はみなさま一人ひとりに向き合い、
つねに求められる良きパートナーとして
地域や社会に貢献してまいります。

毎週土曜日、宮崎大学医学部附属病院 眼科医師による
診療が始まりました。

院長の公務や学会出席等でやむを得ず院長診察が休診に
なることもございます。
院長診察や白内障手術をご希望の方は、院長診察日に
お越しください。
※診療スケジュールは変更になる場合がある為、当ホームページや電話でご確認下さい。
※大学医師のみの場合、診療待ち時間が長くなる場合があります。ご了承下さい。
当院は、多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として
厚生局に届出をしています。

暗いところで見えにくい

考えられる主な疾患

網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)

検査内容

屈折検査
視力検査
眼圧検査
眼底三次元画像解析(OCT)
眼底カメラ(optos)
眼底自発蛍光検査
網膜電位図(ERG)
動的量的視野検査(ゴールドマン視野検査)
細隙灯顕微鏡検査
散瞳検査・眼底検査




屈折検査

近視や遠視、乱視の程度を測る検査です。矯正視力を測るときの基準になります。機械の中を見ると気球の絵が見えます。患者さんにはこの絵をぼんやり見ていただきます。

視力検査

眼が見えにくくなった時などに行う基本的な検査で、眼で物体を見る能力を調べる検査です。視力表には一般的なCの形(ランドルト環)のほか、ひらがなや数字、絵視標などもあります。視力検査中は、瞬きをしながら、目は細めずに視標を見るようにします。はっきり見えなくても、視標の切れ目がなんとなくでもわかったら答えていただきます。

眼圧検査

眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。
眼圧は眼の中を循環する房水により変化し、眼球の形状を保つ役割があります。日本人の眼圧の正常値は10~20mmHgです。数値が高い場合は緑内障や目の中の炎症が疑われ、数値が低い場合は網膜剥離や眼球の形態維持の異常が疑われます。
眼圧値は多くの眼疾患の目安や経過を知る為に重要な指標となるので、来院した患者さんの多くに実施しています。
検査では、角膜に接触して測定する方法と、空気を当てて非接触で測定する方法があります。角膜に接触して測定する方法は、点眼麻酔をして医師が診察室で行います。
 

光干渉断層撮影(OCT)

網膜の断層画像を撮影する検査です。
視神経や黄斑部に異常がないかを調べます。また、網脈絡膜の血管構造を層別に検出することができるので、網膜の深層に毛細血管瘤や網膜新生血管などの異常がないかを確認することができます。

眼底カメラ(optos)

眼底の状態を撮影します。無散瞳状態でも眼底の広い範囲の撮影が可能です。眼底には網膜静脈・網膜動脈・視神経乳頭・黄斑部などの組織があり、病気によってこれらの組織に異常を来しているかどうかを確認します。
網膜静脈分枝閉塞症、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜剥離など様々な眼底疾患の有無や経過観察のために用います。
撮影時は強い光を当てるためとても眩しいですが、光っている間は眼を開けていただきます。

ERG(網膜電位図)

検査用のコンタクトレンズを装着して光を当て、網膜の光に対する反応を調べる検査です。角膜混濁や白内障などがあって眼底検査ができない場合に、網膜の状態を知るために行われます。点眼麻酔をして行いますので、痛みはありません。

視野検査(ゴールドマン視野検査)

視野検査とは、片眼で一点を注視したときの、見える範囲と感度を調べる検査です。
<ゴールドマン視野計>
周辺部を含めた視野全体の状態の把握に用います。検査は暗室で片眼ずつ行い、検査時間は両眼で30分前後(個人差があります)です。周辺のいろんな方向から中心に近づいてくる光が視界に入ったらボタンを押して教えていただきます。中期以降の緑内障や網膜色素変性症などの網膜疾患、視神経疾患、中枢性疾患などの視路障害の測定に用いられます。
わかる!白内障
出水眼科
出水眼科
〒880-0916
宮崎県宮崎市大字恒久6006-1
TEL.0985-77-8800
 
TOPへ戻る